宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

デイジー図書の紹介(10月・11月完成)

※分類番号ごとに書名、著者名、時間、音訳者、内容の順番。

 

[9] 文学
「ことば」に殺される前に 高橋源一郎 8時間4分 福原はつえ音訳
<分断>された社会の<つながり>を回復するために-。即興連続ツイート「午前0時の小説ラジオ」をはじめ、『朝日新聞』の不定期連載「歩きながら、考える」、書き下ろし「「ことば」に殺される前に」などを収録。

 

長崎飛翔 下 片淵湛 12時間38分 鶴田悦子音訳
「とき」の束縛から逃れられた少年は、原爆と殉教の光景に出合い、命の実相にふれる。そして、少年の心をおおっていた厚い殻は破られ、真の癒し人、争いのない世界の建設を推しすすめる者としての道を歩みはじめた。

 

憎悪プログラミング(宇宙英雄ローダン・シリーズ72) ウィリアム・フォルツ、K.H.シェール著 松谷健二訳 6時間41分 黒木いの代音訳
ほとんどの科学者を搬出した艦隊決死の活躍も、地下の物質転送機内に閉じこめられた科学者5名にはおよばなかった。だが惑星崩壊の直前、物質転送機が作動し、かれらはいずこかへ転送された。その行く先は、危険に満ちた見知らぬ惑星か、次元と次元の狭間か、それとも?

 

三島由紀夫(人と思想197) 熊野純彦 10時間29分 委託
多くの作品を遺して壮絶な最期を遂げた三島由紀夫。主要作品の系列を読みなおし、その政治的行動の背後にある彼の生と思考の軌跡を明らかにする。

 

ジェイムズ・ジョイス(人と思想194) 金田法子 6時間37分 委託
20世紀の最も重要な小説家とも言われるアイルランドの作家ジェイムズ・ジョイス。様々な困難と戦いながら生きた彼の生涯を辿り、その思想の背景を探る。

 

ヘルダリーン(人と思想171) 小磯仁 9時間55分 委託
18世紀後半から19世紀前半にかけて詩作を行なうも、同時代から理解されたとは言い難いドイツの詩人ヘルダリーン。彼の生涯を詩作品とともに解説する。

 

アンデルセン(人と思想190) 安達忠夫 7時間24分 委託
アンデルセンの文学は、人間が抱える矛盾や葛藤を洞察し、平明な言葉と鮮烈なイメージで語ってくれる。生涯と作品の両面から、彼の文学の神髄に迫る。

 

ミュッセ(人と思想170) 野内良三 6時間40分 委託
フランス・ロマン派詩人の一人であり、華麗な女性遍歴に彩られた生涯を送ったミュッセ。青春と恋愛の哀歓を歌い上げた名作を残した彼の真の姿を描く。

 

[1] 哲学
キケロー(人と思想173) 角田幸彦 13時間59分 委託
ギリシャ哲学をヨーロッパ中世へ伝えた、ローマの哲学者キケロー。彼の生涯と思想を述べることを通して、キケローの現代的意義を見出す。

 

[2] 歴史
シリーズ自分史 私の山河 秋本治 11時間11分 渡瀬美智子音訳
宮崎日日新聞に135回にわたって連載された「シリーズ自分史」をまとめて収録。五ヶ瀬町のヤマメの養殖、スキー場開業、霧立越トレッキング開発など地域貢献の活動の背景や、その思いなどを綴ったもの。

 

図説「最悪」の仕事の歴史 トニー・ロビンソン、デイヴィッド・ウィルコック著 日暮雅通、林啓恵訳 11時間52分 御手洗恵子音訳
反吐収集人、蛭採取者、踏み車漕ぎに王様の御便器番…貴族生活も産業革命も、彼らがいなくてはあり得なかった! 古代から近代にいたるまでの「誰かがやらなければならなかった仕事」をたどったイギリス裏面史。

 

[3] 社会科学
在日ウイグル人が明かすウイグル・ジェノサイド -東トルキスタンの真実 ムカイダイス 5時間49分 福原はつえ音訳
中国語の強制、ウイグル語教育の禁止、宗教への弾圧…。在日ウイグル人の著者が、中国の「新疆ウイグル自治区」支配の実態と、ウイグルの真実の歴史を綴った書。独立国家「東トルキスタン」国民としての真の声を伝える。

 

ユニークな「日本文化」論 -世界の日本語学習者(64カ国・地域の112人)が書いた「日本」って、どんな国?「日本人」って、どんな人? 大森和夫、大森弘子 8時間39分 山口良輔音訳
世界で日本語を学ぶ人たちを対象に、平成元年から24回にわたり開催されてきた「日本語作文コンクール」。累計4万7千にもおよぶ応募作から、64カ国・地域の112編の優秀作を紹介する。

 

主権者のいない国 白井聡 11時間25分 前田満子音訳
絶望的な構図を変えて、生きるに値する社会をつくるために-。「統治の崩壊」と言うべき段階にまで陥った日本の政治、そしてそれを必然化した日本社会について、折々に発表した分析・考察をまとめる。

 

[4] 自然科学
病人と看病人 野口晴哉 6時間51分 委託
「病気を看る看病人は最も良く、病人をみる看病人は次に良く、病人に見られようとする看病人は全く価値がない」病気になった時の心の状態や、看病する立場になった時の心の状態が、理屈では割り切れないメカニズムによって動くことがわかる、人間の潜在意識を探求した本。

 

[5] 技術・工学
ひらけ!オフグリッド -電線切ったら、楽しい暮らしが待っていた サトウ チカ 6時間44分 委託
電力会社との契約を「オフ」して、たった8枚の太陽光パネルだけで100%電力自給を実現。家庭で使う電気くらいであれば十分まかなえることを実証した、オフグリッド生活を紹介する。ソーラークッキングレシピも掲載。

 

[6] 産業
物流危機は終わらない -暮らしを支える労働のゆくえ 首藤若菜 9時間5分 委託
ネットで注文した商品が、送料無料で翌日配達される。だが、その荷物を運ぶドライバーは、過酷な労働を強いられている-。私たちの暮らしや経済を支える物流。それを維持するためのコストは誰が負担すべきなのかを考える。

 

[7] 芸術・美術
ベルイマン(人と思想166) 小松弘 7時間15分 委託
スウェーデンの芸術家・ベルイマンにとって、映画は自分自身を照らし出すものだった。彼の映画全作品を鳥瞰しながら、その思想と作品世界を紹介する。