宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

国体、障害者スポーツ大会のバリアフリー対策について

2027年に宮崎県で開催される国民体育大会、障害者スポーツ大会の会場は、陸上競技場は都城市山之口町、体育館は延岡市、水泳競技場は宮崎市に新たに整備されることになっており、現在設計が進められています。この3会場のバリアフリー対策について、視覚障害者の立場から県に要望をいたしました。
また、会場が完成した段階でそれぞれの地城の視覚障害者の皆様に協力をお願いして、点字ブロックや段鼻などをどこに敷設するかを皆さんで協議していただくように要望を上げたところです。
なお、県庁防災庁舎内にある障害者用トイレは、入ると音声案内が流れてくるなどバリアフリー対策が充実しています。皆様も機会があれば是非一度入ってみて体験してください。そして今後の各地域の取り組みに生かしていただければと思います。