宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

あはき業に関する動きについて

(1)あはき業に対する労災保険の適用について
令和3年12月14日に開催された厚生労働省の審議会において、個人事業主などの労災保険加入を特例的に認める「特別加入制度」の対象職種として、鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師を追加することが決まりました。令和4年4月からの適用となります。

(2)あん摩師等法(あはき法)19条訴訟最高裁判決について
学校法人福寿会及び学校法人平成医療学園が、2015年に晴眼者を対象とするあん摩マッサージ指圧師の養成学校の新設を国に申請したところ、国は、「あはき法」第19条を根拠にこれを認めませんでした。上記法人はこの処分が不当であるとして取消しを求めて訴訟を提起し、令和4年2月7日に最高裁判所の判決がありました。最高裁は、視覚障害者の就業を保護する必要性からあはき法第19条に基づく国の処分は正当であるとして上記法人の訴えを退けました。