宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

音声で操作する電子レンジがセンターに寄贈されました

音声で操作する電子レンジがセンターに寄贈

宮崎市の冨永信二様より寄贈いただきました電子レンジについてご紹介します。

商品はシャープヘルシオウォーターオーブン。このレンジの特長は音声で話しかけると応えてくれる点にあります。

 例えば、冷凍食品などには何ワットで何分温めるなどの表示がありますが、音声操作というボタンを押せば、かわいい声で「は~い、なんでしょうか」と答えてくれて「レンジで600ワット」と話すと時間を聞いてきます。「2分」と答えると「600ワット、2分でセットしたよ」「スタートキーを押してください」など話してくれます。

一方、材料を伝えるとレシピの提案もしてくれます。レシピもレンジにダウンロードして使うことも可能です。

また四角い角皿を2段使用して下の段には惣菜あたため、上の段ではやきそばを作るなど、複数のおかずが同時にできることも魅力的です。ただし、レンジはインターネットの無線接続をして登録などの設定をする必要があります。

ぜひ、センターでも使い方教室を行ってみたいと思っています。やってみたいという方はセンター大賀までご連絡ください。個人でも複数(3人程度まで)でもかまいません。内容等は相談を受けてからいっしょに考えます。なお材料等は持込で、また食事は感染対策を行い、個別に黙って召し上がっていただくこととなります。必ず事前に申し込みをいただきますようお願いします。