宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

『見えない・見えにくい人のための福祉機器展』のお知らせ

3.『見えない・見えにくい人のための福祉機器展』のお知らせ

赤い羽根共同募金の助成を受けて、『見えない・見えにくい人のための福祉機器展』を10月23日(日)に開催します。暗所視支援眼鏡や拡大読書器など福祉機器の展示の他、声で操作するスマホや家電の体験、ナビゲーションアプリ「Sound Scape」を使った歩行体験、音声操作での電子レンジ体験、読書機器の支援相談コーナーなどを企画しています。

日時:令和4年10月23日(日) 9:00~15:00

会場:宮崎県立視覚障害者センター

主催:(公財)宮崎県視覚障害者福祉協会

お問い合わせ:同センター電話(0985)22ー5670

FAX(0985)38ー8730

 

(1)当日の開催時間案内

今年は感染対策のためにセンターへの入場を3つの時間帯に分けて実施します。各時間帯は25名程度(ヘルパーさん除く)の予約制として、密を避けるようにいたします。なお時間前に来所された方は1階ロビーとボランティア室を待合室とします。時間が来たら誘導しますのでご協力をお願いします。また申込は10月7日(金)からとしますので、ご了解ください。

(ア)9:00~11:00

(イ)11:00~13:00

(ウ)13:00~15:00

 

(2)出展業者・講師等

 今年も日視連はおいでいただけません。用具関係はセンターのみの見本品展示となります。出展はメガネのヨネザワ(眼鏡等)、システムギアビジョン、協力はさざなみの会の歩行訓練士 三村様、鶴視覚障害者相談室の鶴様です。

 

(3)各講座の内容・予約等について

 予約はどなたも10月7日(金)からとさせていただきます。ご了解ください。またヨネザワさん以外の体験はセンターでできますので、予約枠に入れなかったときは相談してくだされば実施します。

①「声で操作するスマホや家電の体験」 講師:鶴さん 場所:談話室

声を使ってスマートフォンの操作をする体験や、スマートスピーカーに話しかけて家電を動かす体験です。予約は不要ですが、講話は9:00、9:30~と30分刻みで始まります。

 

②ナビゲーションアプリ「Sound Scape」を使った歩行体験 講師:さざなみの会歩行訓練士 三村さん 場所:廊下・説明や待機場所として書庫

スマートフォンのナビゲーション(案内)アプリとメガネ型イヤホンを使ってセンターの廊下と外周を歩行します。その際にどんな案内がイヤホンから流れてくるのかを体験。スマートフォンは準備しますので不要です。気になる方はどなたでも参加できます。

 ふたり1組で30分、各時間帯4組まで。予約が必要です。

 

③音声操作での電子レンジ体験 場所:調理室

昨年寄贈されたシャープのレンジを使い、音声で実際に操作してみます。温めた冷凍食品は調理室にて試食します。

2組(ヘルパーさん含めて4名)を30分で実施。予約が必要です。

 

④暗所視支援眼鏡・オーカムマイアイ体験 講師:メガネのヨネザワ 甲斐様 場所:2階 交流ホール

宮崎市や都城市、延岡市などの日常生活用具として認められた暗所視支援眼鏡は夜盲と視野狭窄に特化した眼鏡で、暗所でのわずかな光を増幅させるものです。またオーカムマイアイはメガネに取り付けられる音声端末で、文字を即座に読み上げるなど視覚情報を音声によって伝えます。

こちらもふたり1組で30分。事前の申込が必要です。

 

そのほか読書機器の相談については事前に時間だけ約束をお願いします。図書貸出と同じく場所は書庫です。

また、大宮高校の駐車場をお借りしていますが、なるべく公共交通機関をご利用いただくようお願いいたします。

 今回もコロナ対策の影響を受け、みなさんからの要望の多い交流の企画が組めないことを心苦しく思います。そこで今回は楽しめる企画としてスタンプラリーを実施します。どの部門でもシールを準備しますので、回られたら名札の裏にシールを貼ってください。(ただしアンケートのシールは必須とさせてください)3つ以上のシールが貼られましたら、名札返却時にささやかなプレゼントがもらえます。ぜひご参加ください。