宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

デイジー図書の紹介(2月・3月完成)

※分類番号ごとに書名、著者名、時間、音訳者の順番。

 

9 文学

『彷徨える艦隊10 巡行戦艦ステッドファスト  ジャック・キャンベル著 月岡小穂訳 16時間6分 早川清文学振興財団寄贈(以下 寄贈・早川)』
元帥が旧地球から帰還しようとした矢先、艦隊の乗員2名が忽然と姿を消した。その行方を追ううちに、細菌兵器に汚染された禁断の惑星にたどり着くが…。

 

『息吹 テッド・チャン著 大森 望訳 14時間44分 寄贈・早川』
人間がひとりも出てこない世界の秘密を探究する科学者の驚異の物語を描き、英国SF協会賞等を受賞した表題作など、全9編を収録したSF短編集。

 

『IQ 2 ジョー・イデ著 熊谷千寿訳 13時間36分 寄贈・早川』
苦境のクラブDJを助けてほしいと依頼され、ラスベガスに赴いた探偵「IQ」。だが、ギャングの個人情報を盗み売ろうとした彼女は命を狙われていて…。

 

『雪が白いとき、かつそのときに限り 陸 秋槎著 稲村文吾訳 12時間28分  寄贈・早川』
学生寮で少女の死体が発見された。雪に覆われた地面に足跡はなく、警察は自殺として処理する。それから5年、生徒会長は密かにこの事件を調べるが…。

 

『三つ編み レティシア・コロンバニ著 齋藤可津子訳 6時間4分 寄贈・早川』
インド、イタリア、カナダ。3大陸の3人の女性。かけ離れた境遇に生きる彼女たちに共通しているのは、女性に押しつけられる困難と差別のために立ち向かっていること…。逆境を生きる女性の連帯を描く物語。

 

『いつもひとりだった、京都での日々 宋 欣穎著 光吉さくら訳 5時間39分 寄贈・早川』
映画を学ぶために台湾から京都にやってきた女性は、それぞれに孤独を抱えて生きる京の人々と出会う。台湾人映画監督が、京都での日々を綴ったエッセイ。

 

『それ以上でも、それ以下でもない 折輝 真透  8時間46分 寄贈・早川』
1944年、ナチス占領下のフランス。匿っていたレジスタンスの男が殺され、住民の混乱を恐れた神父は事件を隠蔽するが…。第9回アガサ・クリスティー賞受賞。

 

『月の落とし子 穂波 了 10時間9分 寄贈・早川』
月面探査船の宇宙飛行士が感染したのは、正体不明のウイルスだった。コントロールを失った探査船は、日本に墜落し…。第9回アガサ・クリスティー賞受賞。

 

『嘘と正典  小川 哲 8時間40分 寄贈・早川』
CIA工作員が共産主義の消滅を企む表題作、零落した稀代のマジシャンがタイムトラベルに挑む「魔術師」など、全6編を収録したSF短編集。

 

『よろず屋お市―深川事件帖 誉田龍一 5時間48分 寄贈・早川』
養父が不審な死を遂げ、よろず請負い稼業を継いだお市。駆け落ち娘の行方捜し、ありえない水死の謎など、持ち込まれる難事に挑む姿を描く、人情捕物帖。

 

2 歴史

『日本と韓国・朝鮮の歴史―これだけは知っておきたい 中塚 明 5時間54分 御手洗恵子音訳』
無自覚のうちにも偏見と誤解に虫食われた歴史観を克服し、事実にもとづく歴史認識を「国民的常識」に導く。日朝関係史の第一人者が、古代から現代までエッセンシャルな事項を選んで、平易明快に説いた入門書。

 

3 社会科学
『はみだしの人類学―ともに生きる方法 松村圭一郎 2時間46分 堀之内悦子音訳』
違いを乗り越えて生きやすくする技法とは。文化人類学のきほんをおさえながら、「つながり」と「はみだし」をキーワードに、さまざまな差異にあふれた「わたし」や「わたしたち」がともに生きるための方法を紹介する。

 

『ある「BC級戦犯」の手記  冬至堅太郎著 山折哲雄編 14時間25分 委託・日本ライトハウス(以下、委託・日ラ)』
昭和20年の「西部軍事件」にかかわり、敗戦後、BC級戦犯として裁判にかけられた元陸軍主計大尉・冬至堅太郎。絞首刑判決、1年半後の減刑決定…。懊悩と苦闘の経験を綴った手記のほか、獄中で詠んだ短歌や俳句などを収録。

 

『相談支援の実践力―これからの障害者福祉を担うあなたへ 福岡 寿 7時間45分 委託・日ラ』
障害者福祉の現場で30年間活動してきた著者が、仕事を通じて気づき考えてきたことのプロセスをまとめる。相談支援専門員の基本となる考え方や、これからの現場を担うプレイヤーの資質とマインドについても語る。

 

4 自然科学
『診察室へお入り下さい 第4巻 人生最高の楽しみとは―こころの健康からだの健康― 堀江 裕 5時間41分 岩切千恵子音訳』
長年、地域医療に携わっているドクトル堀江が世情、趣味、医療など多岐にわたりつづった、笑いとユーモアと人間味にあふれる院長日記。『山陰経済ウイークリー』『山陰中央新報』連載を単行本化。