宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

センターより

所長雑感

1.所長雑感

冨永 昌志

皆様いかがお過ごしでしょうか。私が今書いておりますのは8月9日です。お盆の直前で、毎日が猛暑の連続、それに加えて新型コロナの感染拡大、第7波の真っただ中です。以前はそこまで切迫感はなかったのですが、今は誰がいつ感染してもおかしくないという状況で、大変息苦しい毎日となっています。この拙文を皆様がお読みになるころには気候も良くなり、感染も収束してすごしやすくなっていることを願っております。

さて、先月、6月20日には当センターで高度化ピックスという新しい技術を取り入れた交通信号機の体験会がありましたが、この時来ていただいた県警察本部の交通規制課の方が「信号機のことなどで何かご要望等ありましたら遠慮なくおっしゃって下さい」と言われていました。ここに参加しておられた当事者の方が、御自宅近くの信号機の音を変えることについて警察に相談されたところ、交通規制課と警察署とで、現場確認の上、音を変えていただいたとのことです。とても迅速・真摯に対応していただきました。皆様方も信号機のことなどで要望等ありましたら、最寄りの警察署か、当センターでも大丈夫ですのでおっしゃって下さい。交通規制課にお繋ぎします。

交通関係では、JR九州の宮崎支社からも、センターによくご連絡をいただいており、近々意見交換会を行う予定になっています。JRをよく利用される方もおられると思いますが、JRについてご意見・ご要望があれば当センターへお寄せ頂けると幸いです。

次に、7月24日には協会の研修会がありました。新型コロナが厳しい中でしたので、午前中のみに短縮、感染対策を行い、また体調などに不安のある方は参加を控えていただくようお願いしながらの実施となりました。参加者約20名と少なくはなりましたが、健康長寿をめざして運動指導などをしていただいた宮崎市の井上美佐様、視覚障害者ランナーの伴走活動を長年されている金丸修様の、すばらしいご指導とお話をいただきました。ありがとうございました。また明星視覚支援学校の生徒さんの弁論大会での発表の様子なども聞いていただきました。参加いただいた皆様ありがとうございました。

研修会のときにちょっと説明いただきましたが、鶴視覚障害者相談室を開設された鶴アドバイザーが中心となって企画された「かんたんスマホ講座」が、8月から新たにスタートいたしました。これは、国のデジタル庁の事業で、障害者や高齢者がスマホを活用できるようにして「デジタル格差を解消」し、みんながデジタルの恩恵を受けられるようにすることを目的とする講座です。当事者でスマホの達人の鶴さんが懇切丁寧に指導されますので、スマホをやってみたい方、やっているが最初から学び直したい方、ご参加をお待ちしております。

また、今年からはITサポーター養成講座も開講しています。視覚障害者をIT(アイフォン、アイパッドなど)で支えるボランティアを養成します。ご家族の方や支援者の方の参加をお待ちしています。

ちょっと先のことになりますが、11月27日(日)は当協会のふれあい健康マラソン&ウォーキング大会を予定しています。12月11日に開催される視覚障害者マラソン大会(青島太平洋マラソン)に出場される選手にとっては、直前の調整のためのマラソンになります。昨年のこの大会ではライオンズクラブの皆様のご協力によりお弁当の配布やお楽しみ抽選会などを実施、多くの参加を頂きました。今年もライオンズクラブから協力しますとのお言葉を頂いております。また、若い方のボランティアの参加も新たにお願いする予定にしています。今年も昨年以上に楽しんでいただけるよう、お楽しみ抽選会や、タンデム自転車の体験などを企画しています。皆様是非奮ってご参加ください。なお詳細につきましては今月の「県視障協ニュース」をご覧になってください。(協会の会員でない方でも参加できます)

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

購買部からのお知らせ

(3)購買部からのお知らせ

【新商品】

  • オリンパス ICレコーダーボイストレックVN-551PC 9,500

簡単操作で手軽に録音ができる小型のICレコーダーです。わくわく用具ショップオリジナル加工として、触ってわかりにくいボタンに凸点シールを貼り、見えない・見えにくいかたでも使いやすいように工夫しています。電源オフの状態でも録音スイッチをスライドするだけで電源が入り、すぐに録音が始まります。操作時の音声ガイドはありませんが、「ピ」と電子音が鳴り、起点となるところでは「ピピ」と鳴ります。起点音から目的の回数分押すことで、操作が可能です。メモリは4GBの内蔵メモリのみです。

 

  • A page ア・ページ 18mm方眼 ロービジョンノート

385

ロービジョンや視覚過敏のかたにおすすめの、目にやさしく見やすい方眼ノートです。淡いクリーム色の紙を使用し、眩しさを軽減しています。罫線はくっきりと見やすい茶色で、大きめの18㎜方眼です。サイズはB5版、横9マス、縦13マスの用紙が32枚とじられています。

 

③A page ア・ページ 12mm19ロービジョンノート

385

ロービジョンや視覚過敏のかたにおすすめの、目にやさしく見やすい横書きノートです。淡いクリーム色の紙を使用し、眩しさを軽減しています。罫線はくっきりと見やすい茶色の線が12㎜間隔で入っています。サイズはB5版、19行書きの用紙が32枚とじられています。

※ア・ページのノートは視覚特別支援学校(盲学校)の先生、社会福祉法人のスタッフ、眼科医など多くの人の意見をメーカーが収集し、何度も相談を重ねて製作したこだわりの商品です。

 

  • HONESTIES(オネスティーズ)インナー メンズ・ウィメンズ Mサイズ 1,420

裏表がないユニバーサルデザインの肌着です。裏返しのまま着ても、違和感なく着られるため、うっかり表裏を逆に着て恥ずかしい思いをすることがありません。抗菌防臭加工が施され、嫌な生乾きや汗のにおいもカットします。

 

  • ポータブルスピーカー 3,100

シナノケンシのリンクポケットや小型ラジオ、ICレコーダーなどのイヤホンジャックに挿して使います。高音質で3ワット、最大4倍の音量で聴けます。付属のUSBケーブルで1時間の充電で最大8時間使えます。

問い合わせ 名古屋ライトハウス情報文化センター 

電話 052-654-4522

 

購買の問い合わせは城後までお願いします。

『見えない・見えにくい人のための福祉機器展』のお知らせ

3.『見えない・見えにくい人のための福祉機器展』のお知らせ

赤い羽根共同募金の助成を受けて、『見えない・見えにくい人のための福祉機器展』を10月23日(日)に開催します。暗所視支援眼鏡や拡大読書器など福祉機器の展示の他、声で操作するスマホや家電の体験、ナビゲーションアプリ「Sound Scape」を使った歩行体験、音声操作での電子レンジ体験、読書機器の支援相談コーナーなどを企画しています。

日時:令和4年10月23日(日) 9:00~15:00

会場:宮崎県立視覚障害者センター

主催:(公財)宮崎県視覚障害者福祉協会

お問い合わせ:同センター電話(0985)22ー5670

FAX(0985)38ー8730

 

(1)当日の開催時間案内

今年は感染対策のためにセンターへの入場を3つの時間帯に分けて実施します。各時間帯は25名程度(ヘルパーさん除く)の予約制として、密を避けるようにいたします。なお時間前に来所された方は1階ロビーとボランティア室を待合室とします。時間が来たら誘導しますのでご協力をお願いします。また申込は10月7日(金)からとしますので、ご了解ください。

(ア)9:00~11:00

(イ)11:00~13:00

(ウ)13:00~15:00

 

(2)出展業者・講師等

 今年も日視連はおいでいただけません。用具関係はセンターのみの見本品展示となります。出展はメガネのヨネザワ(眼鏡等)、システムギアビジョン、協力はさざなみの会の歩行訓練士 三村様、鶴視覚障害者相談室の鶴様です。

 

(3)各講座の内容・予約等について

 予約はどなたも10月7日(金)からとさせていただきます。ご了解ください。またヨネザワさん以外の体験はセンターでできますので、予約枠に入れなかったときは相談してくだされば実施します。

①「声で操作するスマホや家電の体験」 講師:鶴さん 場所:談話室

声を使ってスマートフォンの操作をする体験や、スマートスピーカーに話しかけて家電を動かす体験です。予約は不要ですが、講話は9:00、9:30~と30分刻みで始まります。

 

②ナビゲーションアプリ「Sound Scape」を使った歩行体験 講師:さざなみの会歩行訓練士 三村さん 場所:廊下・説明や待機場所として書庫

スマートフォンのナビゲーション(案内)アプリとメガネ型イヤホンを使ってセンターの廊下と外周を歩行します。その際にどんな案内がイヤホンから流れてくるのかを体験。スマートフォンは準備しますので不要です。気になる方はどなたでも参加できます。

 ふたり1組で30分、各時間帯4組まで。予約が必要です。

 

③音声操作での電子レンジ体験 場所:調理室

昨年寄贈されたシャープのレンジを使い、音声で実際に操作してみます。温めた冷凍食品は調理室にて試食します。

2組(ヘルパーさん含めて4名)を30分で実施。予約が必要です。

 

④暗所視支援眼鏡・オーカムマイアイ体験 講師:メガネのヨネザワ 甲斐様 場所:2階 交流ホール

宮崎市や都城市、延岡市などの日常生活用具として認められた暗所視支援眼鏡は夜盲と視野狭窄に特化した眼鏡で、暗所でのわずかな光を増幅させるものです。またオーカムマイアイはメガネに取り付けられる音声端末で、文字を即座に読み上げるなど視覚情報を音声によって伝えます。

こちらもふたり1組で30分。事前の申込が必要です。

 

そのほか読書機器の相談については事前に時間だけ約束をお願いします。図書貸出と同じく場所は書庫です。

また、大宮高校の駐車場をお借りしていますが、なるべく公共交通機関をご利用いただくようお願いいたします。

 今回もコロナ対策の影響を受け、みなさんからの要望の多い交流の企画が組めないことを心苦しく思います。そこで今回は楽しめる企画としてスタンプラリーを実施します。どの部門でもシールを準備しますので、回られたら名札の裏にシールを貼ってください。(ただしアンケートのシールは必須とさせてください)3つ以上のシールが貼られましたら、名札返却時にささやかなプレゼントがもらえます。ぜひご参加ください。

点字図書の紹介

4.点字図書の紹介

9 文学

すごいトシヨリ散歩 池内紀、川本三郎 5巻 矢口貴子点訳

トシをとると日々は楽しい。名エッセイスト2人が映画、読書、旅、そして老い支度について語り合った、親密感あふれるユニークな対談集。月刊誌『望星』連載を改題し書籍化。

 

100ものがたり いしいしんじ 3巻 矢口貴子点訳

 

謎ときサリンジャー―「自殺」したのは誰なのか 竹内康浩、朴舜起 5巻 野崎晶子点訳

サリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日」は主人公シーモアの拳銃自殺というラストで知られる。だがそれは本当に「自殺」だったのか?気鋭の米文学者が弟子とともに天才作家の謎を綿密なロジックで解き明かす。

スットン経 諏訪哲史 4巻 隈元君子点訳

昭和の文学少年・諏訪哲史が、現代を斬る!ナゴヤの夏の生活、LGBTと少子化、ネット俗語の独自解釈、めくるめく海外映画の魅惑…。鋭く、面白く、懐かしい話が満載。『中日新聞』『毎日新聞』連載をもとに単行本化。

鷹の井戸 イエイツ・ウィリアム・バトラー著 松村みね子訳 1巻 中村久美子点訳

エズラ・パウンドはアーネスト・フェノロサによる能に関する草稿類を所有しており、1914年にパウンドは当時アシスタントとして補佐していたイエイツに能のことを教えた。ケルト神話と能の共通点に興味を持ったイエイツは1915年から能の影響を受けた戯曲『鷹の井戸』を書き始めた。

 

1 哲学

浄化でめぐりをよくするお金のコトダマ 天運アーティスト あゆこ 2巻 髙木姫子点訳

お金のめぐりを悪くする6つの心のブロックをはずすだけで、お金を引き寄せることができる!自分自身の言葉で心の垢を浄化するシンプルなメソッドを紹介する。

 

3 社会科学

むずかしい天皇制 大澤真幸、木村草太 6巻 杉裕子点訳

天皇とはなにか。天皇制とは何のために存在しているのか。社会学者大澤真幸と憲法学者木村草太が、天皇制の過去と現在を論じることを通じて、日本人とは何か、日本社会の特徴はどこにあるのかを探究する。

「発達障害」とされる外国人の子どもたち―フィリピンから来日したきょうだいをめぐる、10人の大人たちの語り 金春喜 5巻 南雅夫点訳

いま教育現場では、日本語がわからない外国ルーツの子どもが「発達障害」と診断され、特別支援学級に編入されるケースが増えている。この問題のメカニズムと背景を明らかにし、日本の外国人支援政策の陥穽を問う。

公益通報者保護法 金融商品の販売等に関する法律 特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律他 総務省 1巻 委託日点

表題ほか、令和2年6月12日改正の「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」を収録。

商法 中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律 総務省 3巻 委託日点

平成30年5月25日改正の「商法」、令和2年5月29日改正の「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」を収録。

令和元年 社会福祉施設等調査の概況 厚生労働省政策統括官付参事官付社会統計室編 2巻 委託日点

全国の社会福祉施設等を対象に、令和元年10月1日現在で実施した調査の結果の概要をまとめる。施設数、定員、利用状況、従事者数等の調査結果を収録。

 

4 自然科学

令和2年版 食育白書(概要版) 農林水産省編 1巻 委託日点

若い世代の食生活の現状を分析し、若い世代が中心となって取り組んでいる食育の事例を紹介するとともに、2019年度に講じた食育推進施策の概要をまとめる。

 

6 産業

コトラ、母になる―津軽のネコの四季物語 岩合光昭 1巻 伊藤友子点訳

日本人の心の中にあるふるさと・津軽と、そこでくらすネコたちを撮り続けた1年4カ月の記録。NHK BSプレミアムで放送された岩合光昭の世界ネコ歩きスペシャル「津軽の四季」の撮影エピソードが満載。

令和2年版 交通安全白書(概要版) 内閣府政策統括官(政策調整担当)編 1巻 委託日点

未就学児等及び高齢運転者の交通安全緊急対策について特集するとともに、令和元年度の交通事故の状況及び交通安全施策の現況の概要をまとめる。

 

7 芸術・美術

1日1曲365日のクラシック(1冊でわかるポケット教養シリーズ) 近藤憲一 5巻 寄贈

日めくりカレンダーのように、毎日、縁あるクラシック音楽と出会う本。作曲家や演奏家の誕生日や命日、名曲が初演された日、音楽に関係した出来事があった日など、その日にゆかりのあるお勧めの音楽を紹介する。

デイジー図書の紹介

5.デイジー図書の紹介

9 文学

2021みやざきの文学―「第二十四回みやざき文学賞」作品集 公益財団法人宮崎県芸術文化協会 8時間42分 福原はつえ音訳

宮崎県芸術文化協会主催の第24回みやざき文学賞の受賞作品集(小説、随筆、詩、短歌、俳句、川柳の6部門)。随筆部門一席の有元誠子さん「これがあったから」掲載。

つくしちゃんとおねえちゃん(福音館創作童話シリーズ) いとうみく作 丹地陽子絵 44分 委託日ラ

のんびりマイペースな妹・つくしと、優等生でがんばり屋のおねえちゃん・かえで。ケンカして、助けあって、笑いあって…。お互いを思う気持ちがあふれだす、姉妹の5つのお話。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

みんなのためいき図鑑(福音館創作童話シリーズ) 村上しいこ作 中田いくみ絵 2時間24分 委託日ラ

授業参観に向けて「ためいき図鑑」をつくることになった、たのちんの班。保健室登校の加世堂さんもいっしょに図鑑をつくれないかと、たのちんがある提案をしたが、班のほかのメンバーともめてしまい…。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

りんごの木を植えて(ノベルズ・エクスプレスシリーズ 50) 大谷美和子作 白石ゆか絵 3時間14分 委託日ラ

「たとえあした、世界が滅亡しようとも、きょうわたしはりんごの木を植える。」このことばを教えてくれた大好きなおじいちゃんに、がんの再発が。おじいちゃんは積極的な治療は行わないと言い…。心あたたまる家族の物語。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

海を見た日(鈴木出版の児童文学シリーズ この地球を生きる子どもたち) M.G.ヘネシー作 杉田七重訳 7時間37分 委託日ラ

きっと世界は、そんなにひどいところじゃない-。ロサンゼルス、それぞれの事情で養母の家に預けられた3人の里子。みんながバラバラの方向を向いていて、正面切って向き合わない。そこへ新しく自閉症の男の子が仲間入りし…。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

すうがくでせかいをみるの ミゲル・タンコ作 福本友美子訳 西成活裕日本語版監修 42分 委託日ラ

うちの家族には、みんなそれぞれすきなことがある。すきなことがあるっていいな。わたしのすきなことは…。数学が大好きな主人公の、「すき」の気持ちがあふれる絵本。本に出てくる形や数も探してみましょう。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

チョコレートタッチ(文研ブックランドシリーズ) パトリック・スキーン・キャトリング作 佐藤淑子訳 伊津野果地絵 1時間40分 委託日ラ

ジョンは、お菓子が大好きな男の子。なかでもチョコレートには目がありません。ある日、拾った古いコインで魔法のチョコレートを買って食べてから、口に触れたものがすべてチョコレートに変わるようになってしまって…。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

ばあばにえがおをとどけてあげる(評論社の児童図書館・絵本の部屋シリーズ) コーリン・アーヴェリス文 イザベル・フォラス絵 まつかわまゆみ訳 44分 委託日ラ

ばあばはこのごろ元気がない。ケーキも焼かないし、お部屋もほこりだらけで、笑わなくなった。ばあばを笑顔にしてあげようと、ファーンは「よろこび」を探しに出かけ…。「よろこび」の意味を教えてくれる、あたたかな物語。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

111本の木 リナ・シン文 マリアンヌ・フェラー絵 こだまともこ訳 44分 委託日ラ

大理石工場のせいで荒れ地になった、インドの小さな村の村長さん。上の娘を病気で亡くした村長さんは、村で女の子が生まれるたびに木を植えようと思い立ちます。しかし、村では女の子の誕生を祝う習慣がなく…。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

ぼくの弱虫をなおすには K.L.ゴーイング作 久保陽子訳 早川世詩男絵 5時間39分 委託日ラ

「こわいものをひとつずつ克服していけば、強くなれるはず」って言われたけど…。1976年、アメリカを舞台に、偏見や人種差別の問題にふれつつ、苦手を克服する子どもたちの成長を描いた物語。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

 

1 哲学

和の国の神さま 桜井識子 6時間17分 前田満子音訳

神話の時代から令和へ紡ぐ、神さまの想い。神仏研究家である著者が、古事記を自分なりに検証した結果や、天照大神との会話、願掛けの仕方などを綴る。「わかる」能力が身につく高波動専門霊能力アップ講座も収録。

 

3 社会科学

ジョブ型雇用社会とは何か―正社員体制の矛盾と転機 濱口桂一郎 10時間1分 御手洗恵子音訳

著者が提起した「ジョブ型」とは何であるかを基礎の基礎から解説した上で、日本の雇用システムの隠された問題点を明らかにする。

ルポコロナ禍の移民たち 室橋裕和 7時間2分 福原はつえ音訳

コロナ・ショックは移民社会をどう変えたか。気鋭のルポライターが日本で生きる外国人を取材。共通の災害の中での隣人たちの偽らざる本音と生き抜き方を伝える。

 

4 自然科学

クジラの骨と僕らの未来(世界をカエル-10代からの羅針盤シリーズ) 中村玄 5時間32分 委託日ラ

それはハムスターの墓あばきから始まった…。小さな頃から生きものが大好きで、さまざまな動物を飼っていた少年は、ついに哺乳類最大のクジラの研究者に。クジラの骨を求めて、地球の北へ、南へ。骨からスタートしたクジラ博士の研究航海記。

この世界からサイがいなくなってしまう-アフリカでサイを守る人たち(環境ノンフィクションシリーズ) 味田村太郎 3時間7分 委託日ラ

あと20年たつと、アフリカからサイがいなくなってしまうかもしれない。角をねらった密猟によって、サイの数が減っているせいだ。サイを守ろうとする人たちと密猟者の知られざる戦いを、南アフリカで取材を行った著者が描く。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

 

5 技術・工学

建築家になりたい君へ(14歳の世渡り術シリーズ) 隈研吾 6時間21分 委託日ラ

建築物は大きいけれど、その仕事は小さなことの積み重ねでできている-。10歳で建築家を志し、2020年東京オリンピック会場を手がけた建築家が綴る10代へのメッセージ。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。

おすしやさんにいらっしゃい!-生きものが食べものになるまで かがくをたのしむノンフィクション おかだだいすけ文 遠藤宏写真 1時間13分 委託日ラ

海で生きているところを釣り上げられた、キンメダイ、アナゴ、イカ。どんな魚なのかな。観察してみよう。次は、魚をさばくよ…。海で生きていた魚がおすしになるまでを写真で紹介し、命をいただいて生きていることを伝える。2022年度青少年読書感想文全国コンクール課題図書。