宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

センターより

所長雑感

  • 所長雑感   冨永昌志

 皆様いかがお過ごしでしょうか。私が今書いておりますのは6月19日です。時の立つのは早いもので(年齢を重ねるにつれ時の流れが速くなるように思われますが)、2022年になったと思ったらすぐ春になり、新年度が始まったと思えばもう6月、梅雨の時期に入りました。本日、6月19日は私ども県視覚障害者福祉協会の評議員会がありました。県内各地域の団体長さんに集まっていただき、3年度の事業報告、決算及び役員選任等について審議していただきました。オンラインでのご参加も頂き、活発な論議をしていただきました。評議員の皆様のご協力により予定した議案の審議を無事終えることができました。誠にありがとうございました。一部オンラインの音声が聞き取りにくいなど不手際もあり、ご迷惑をおかけしました。次回からはマイクを増やすなど、万全の対応をいたしますので、よろしくお願いいたします。

 さて、5月24日には今年の視覚障害者マラソン大会の協力会会議が開催されました。この会議は今年の青島太平洋マラソン/視覚障害者マラソン(12月11日)の開催に向け、関係者が一堂に会して意見交換や協議を行う重要な会議であります。会長である当協会の小島理事長をはじめ、宮崎伴走者協会、県トライアスロン協会、宮崎市障がい福祉課、県立明星視覚支援学校、宮崎市視覚障害者福祉会から参加を頂きました。また、来賓として当協力会を毎年ご支援頂いております宮崎太陽銀行様及び青島太平洋マラソンの実行委員長、事務局長様にも参加していただきました。協議の中で、ここ2年フルマラソンのみの種目になっているが、何とか3キロ・10キロの種目を復活してほしいという声が上がっておりました。 青太マラソンの実行委員長さんから、「コロナ対策として、密になることを極力避けるため昨年、今年とフルマラソンのみにせざるを得なかった。このため、本県からの参加者が大きく減っている状況である。早くコロナが収まり、復活できることを願っています。」とのお話をいただきました。

 特に宮崎伴走者協会の前の会長で、現在顧問をされている金丸修さんは、1992年の第1回世界盲人マラソン宮崎大会の頃から30年に亘って伴走を続けておられる、本県における視覚障害者マラソンの歴史そのものといえる方と思いますが、3キロ・10キロ種目の復活を強く願っておられました。金丸さんは、視覚障害者ランナーにとって本当に心強いサポーターであると思いました。

 金丸修さんといえば、新聞でご存知の方も多いかと思いますが、長年に亘って伴走活動を継続された功績により2021年に県障がい者スポーツ賞功労賞を受賞されました。もともとはトライアスロンをされていたとのことで、70歳を過ぎてもそのバイタリティーは衰え知らずでまさに鉄人と呼べる方ではないかと思います。その金丸修さんが、私どもの協会に尊いご寄附をして頂きました(5月24日)。「長年、伴走をさせてもらってそのお陰で賞を頂いたから、これは協会に寄附します。」と、本当に有難く、胸があつくなるお言葉を頂きました。誠にありがとうございます。「ふれあい健康マラソン&ウォーキング大会」(11月27日予定)など、皆様のために活用させていただきたいと考えているところです。

 次に、6月12日には県のサウンドテーブルテニス大会(STT大会)が開催されましたので行ってきました。場所は明星視覚支援学校の体育館で、県内各地より22名の選手が参加され、熱戦が繰り広げられました。 相手が早いスピードで打ってくるボールをその音を聞いて、瞬時に場所と打つタイミングを判断し、打ち返さなくてはなりません。中にはわざとスピードを落としたサーブを打つ選手もおりますので、タイミングを合わせるのが難しいと思いましたが、選手の皆さんは普段から練習に励んでおられるのでしょう、見事なラリーの応酬が見られました。また、一般の卓球とは違った独特なルールがあります。サーブはネットの下を通していくのですが、ネットに当たらないように正確にコントロールしなくてはなりません。選手の皆さんは練習やゲームをされる中で、とっさの判断力や集中力を磨いておられるのだと感じました。大会は和気あいあいの中にも真剣勝負で手に汗握る展開の試合が多く、面白かったです。選手の皆様、お疲れ様でした。

 特に、運営していただいている小園さんご夫妻、後藤様、齋藤様、他審判をしていただいた皆様、そしてボールパーソンをしていただいた皆様、大会を成功に導くためにご尽力をいただき誠にありがとうございました。私ども協会といたしましても、今後さらにSTT大会が充実していけるよう努めてまいります。

 さあ、来年は九盲連のSTT九州大会が宮崎で開催されます。私どもも、これから九州大会の準備を進めて参ります。選手の皆様も是非日頃の練習に頑張って頂き、九州大会を目指してください。

 今後ともよろしくお願いたします。

夏休み お子様と点字に触れてみませんか

全国視覚障害者情報提供施設協会(通称:全視情協)のHPに、お子様が楽しく点字を学べる動画が

アップされております。

小学校低学年のお子様でも楽しく学べる内容となっております。

お子様とご一緒に。また、お子様の自由研究などに一度ご覧になってみませんか。

下記ボタンをクリックすると、サイトへ移動します。

 

 

ステップ一覧 ~ひとりで学べるたのしい点字 (tenji-naiiv.net)

 

 

 

 

図書目録のお知らせ

2021年(令和3年)のセンター図書目録が完成しました。内容は昨年1年間にセンターで蔵書として受け入れた点字図書、デイジー図書が掲載されています。点字版400円、デイジー版・墨字版は200円です。

ご希望の方は大賀または黒木までご連絡ください。

購買部からのお知らせ(4月)

【新商品】
①グルスボイスタイマー ¥3,400
音声案内を聞きながら操作できるボイスタイマーです。時、分それぞれ音声で確認しながら設定できます。カウントダウン、カウントアップはもちろん、残り時間のお知らせ(予告音機能)やバイブレーションのオンオフの切り替えも可能です。使い方が分からなくなったときは操作説明ガイダンスがいつでも聞けるようになっています。電池の交換時期になると音声でお知らせします。見本があります。
②新型誘導板 パームライン ¥900
視覚障害者用の、動線に合わせて後付けできる、シンプルで、歩きやすい誘導板。誘導ブロック(点字ブロック)が敷かれてない場所も、床に貼るだけで、誘導の突起ができる。壁に貼り目印に使用される方もいます。メーカーさんからサンプルいただきました。センターでお試しできます。
③お知らせキーホルダー ¥500
視覚に障がいがあることを周囲に知らせるキーホルダーです。直径5センチ厚さ3ミリの円形でアクリル製。木のイラストの中に「目が不自由です」とあります。白杖を畳んでいても、視覚障がいがあることをさりげなく伝えられます。見本があります。
問い合わせ 名古屋ライトハウス情報文化センター
電話052-654-4522

 

【便利商品】
①シックスポケット(自動コイン財布)
¥6,800・¥9,800
自動コイン仕分け財布は6種類のコインを一つの投入口に入れると自動で種類別に仕分けしてくれます。そして仕分けしたコインは種類別になっているのでレジでの支払いの時にスムーズに払う金額が取り出せます。見本があります。
問い合わせ シックスポケット
https://sixpockets.theshop.jp/

 

【見本品】
1月23日に開催予定していた福祉機器展は残念ながら中止となりましたが、用意していた見本品の一部を紹介いたします。
・アイリスオーヤマ音声付2口IHコンロ 【写真4】
・LEDワイドライトルーペ(5倍と7倍レンズ)
・グルスボイスタイマー(新商品の音声タイマー)
・シックスポケット(自動コイン財布) 【写真2】
・一体オセロ 【写真3】
・デコペタシール
・ハトメジャー
・手にフィットするつめやすり 【写真5】
・ロービジョンマグカップ
・ユニバーサルタイマー 【写真5】
・見やすい軽量まな板L 【写真5】
・オイルスプレー
・白杖 8連スライドケーンナビメイト 新モデル 【写真1】
・白杖 Tケーン 4点支持付伸縮式 【写真1】
・白杖 ABサポートケン 【写真1】
・セイコー音声デジタルウォッチ(黒)
・障がい者手帳入れ(黒・赤・黄色)牛革製、ファスナーのポケット付きで便利です。【写真2】
・点字器 はがきサイズ用
・ユニバーサル二つ折り財布(ダークネイビー) 【写真2】
・高感度ナビてぶくろ(サイズS,M,L)手袋をしたまま点字が読めます。 【写真5】

 

購買関係のお問い合わせは城後までお願いします。

購買部からのお知らせ(2月)

【新商品】
①ユニバーサルタイマー ¥2,080
全国盲ろう者協会協力のもと、より多くのかたに「使いやすい」と思っていただけるように細部まで工夫が施された、バイブレーション付きのユニバーサルタイマーです。大画面の白黒反転液晶とバックライト付きで表示が見やすくなっています。裏側には磁石とフック、スタンドがついているため、置き・掛け・貼り付けができ、シーンに合わせて使えます。カウントダウンは1秒から99時間99分まで設定できます。また、最大99時間59分までのカウントアップ機能が付いています。
②デコペタシール ¥550
凸点や浮き出た矢印など、触ってわかる記号が入ったシールのセットです。6シート1セットで、1シートにつき、6種7枚のシールが付いています。タッパーや調味料のチューブに貼って判別するのに使ったり、家電製品のスイッチの位置をわかりやすくしたりすることができます。
③見やすい軽量まな板L ¥1,000
日本点字図書館推奨商品の黒色まな板です。黒いまな板の上に白い食材をのせると、コントラストがはっきりし手元がよく見え安心して使用できます。抗菌銀イオンが配合されているため、雑菌の繁殖を抑え衛生的です。
④高感度ナビてぶくろ 1組 ¥2,800
視覚障害者の意見をもとに開発されました。感染防止のためアルコール消毒により手荒れした状態でも、スムーズに点字を読むことができます。サイズはS、M、Lです。
⑤音声・点字携帯情報端末ブレイルセンスシックス
¥625,900
点字と音声で快適なモバイル環境を実現するブレイルセンスの最新型で32マスの点字ディスプレイです。ポラリスよりもコンピュータのスペックが向上しAndroid OSはVer10を搭載しています。ドライブ、ドキュメント、スライド、カレンダー等のGoogleサービスが利用でき、一般的なAndroidアプリを入手し、使用する事が可能です。 有限会社エクストラが開発した日本語版独自の専用アプリ「ウィキペディア」、「サピエ」ほか数種類のアプリが使用できます。

 

【便利商品】
オリンパス ICレコーダー Voice-Trek DP-401
¥9,460
正面のボタンは、上に三つ、下に三つの合計六つだけの簡単設計。単4乾電池で動くので、いつでも電池交換すれば、動作します。単純な録音と再生、更には、ラジオを聴いたり、録音したりもできます。
問い合わせ 株式会社ラビット 電話番号 03-5292-5644

【2022年カレンダーの紹介】
①UDカレンダー 日本の絶滅危惧種  ¥1,000
絵本のようにパラパラとめくることができる点字付きカレンダーです。絶滅の恐れがある鳥、動物、魚など12種がイラストと触図で描かれています。裏面はロービジョン向けの紺地に白文字のカレンダーになっています。
②バリアフリーカレンダー カラータイプ ¥3,520
視覚と触覚で読むカレンダー。
③バリアフリーカレンダー 白地タイプ  ¥3,520
陰影と触覚で読むカレンダー。
④ユニバーサルデザインカレンダー 日本の動物 ¥1,000
⑤JRPSカレンダー(白黒反転カレンダー)¥1,600
紹介が遅くなりましたが、センターで取扱いのあるものです。12月頃から販売しています。売り切れの商品もありますがご了承下さい。また、寄贈していただいたカレンダーをご希望の方に差し上げます。数に限りがあります。

 

【見本品】
12月号で紹介しました「アイロンいらーず2」のサンプル品をメーカー様のご厚意で送って頂きました。お試ししたい方はご連絡下さい。

 

購買関係のお問い合わせは城後までお願いします。