宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

センターより

おすすめの録音図書

6.おすすめの録音図書

全国で製作されたデイジー図書の中から、サピエ図書館で  

の利用が多かった人気のデイジー図書を掲載しています。

(令和4年8月16日現在)

 

「金の妬心」(日雇い浪人生活録13)         上田秀人

「独り立ち―文庫書下ろし 長編時代小説(吉原裏同心37)」 佐伯泰英

「[シネマ・デイジー]太陽の子」黒崎博監督 柳楽優弥 有村架純ほか出演

「マスカレード・ゲーム」東野圭吾

「無明」(警視庁強行犯係・樋口顕シリーズ)今野敏

「0 zero」堂場瞬一

「硝子の塔の殺人」知念実希人

「目の見えない私が「真っ白な世界」で見つけたこと―全盲の世界を超ポジティブに生きる」浅井純子

「石礫ー機捜235」今野敏

「乳頭温泉から消えた女」山本巧次

「網走サンカヨウ殺人事件―警察庁ノマド調査官朝倉真冬」鳴神響一

「神奈川県警「ヲタク」担当細川春菜2―湯煙の蹉跌」鳴神響一

「池上彰の世界の見方 東欧・旧ソ連の国々―ロシアに服属するか、敵となるか」池上彰

「ブラックツイン―組織犯罪対策部特攻班」沢里裕二

「燕は戻ってこない」桐野夏生

「風の港」村山早紀

「京都府警あやかし課の事件簿5         花舞う祇園と芸舞妓」天花寺さやか

「ミカエルの鼓動」柚月裕子

 

話題の本のご紹介

 第167回「芥川賞・直木賞」の受賞作が決定!

今回は芥川賞の90年近い歴史で初めて、全ての候補作が女性作家の作品だったそうです。下記に受賞作をご案内いたします。

芥川賞

「おいしいごはんが食べられますように」 高瀬隼子

舞台は、とある会社の支店。可憐で無理がきかない「芦川さん」の仕事を肩代わりする後輩女性「押尾」、そして芦川さんに鬱屈した好意を持つ男性社員「二谷」。三者の働き方を切り口に、現代社会が抱える矛盾をあぶり出す。

デイジー図書および点字図書完成しております。

直木賞

「夜に星を放つ」 窪美澄

人生におけるさまざまな別れをつづった短編集。信頼していた相手の裏切りや肉親との離死別、実らぬ恋などを5人の主人公を通じて丁寧に描く。いずれも星にまつわるエピソードを背景に持ち、物語に静謐な余韻を与えた。

点字図書は完成しておりますが、デイジー図書製作中です。

 

 メフィスト賞のご案内

未発表の小説を対象とした新人賞で、対象となるジャンルが「エンタテインメント作品(ミステリー、ファンタジー、SF、伝記など)」という大まかな区分であることが特徴です。新人作品ですので、試しに読んでみてはいかがでしょうか。今年の受賞作品はこちらです。

「スイッチ 悪意の実験」 潮谷験

夏休み、お金がなくて暇を持て余している大学生達に風変わりなアルバイトが持ちかけられた。スポンサーは売れっ子心理コンサルタント。彼は「純粋な悪」を研究課題にしており、アルバイトは実験の協力だという。集まった大学生達のスマホには、自分達とはなんの関わりもなく幸せに暮らしている家族を破滅させるスイッチのアプリがインストールされる。

デイジー図書完成しておりますが、点字図書製作中です。

おすすめの点字図書

7.おすすめの点字図書

 全国で製作された点字図書から10冊紹介します。

 

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか15」 大森藤ノ 5巻

「1分で美姿勢になるファシア・ストレッチ―ぽっこりお腹、ねこ背、たれ尻…」 遠藤健司 1巻

「同志少女よ、敵を撃て」 逢坂冬馬 9巻

「アメリカの50州がわかる本―最新版 知らなかった「違い」に驚く!」 国際時事アナリスツ編 3巻

「Zoom120%活用術最新版―No.1ビデオ会議アプリ!」 Zoomビジネス研究会 2巻

「障害者の経営学―雇用から起業へ」 寺島雅隆 4巻

「「ひとこと」で心をうごかす「ことば」の心理テクニック・実践編」 富田隆監修 3巻

「浅草かくりよ偽装家族」 四葉夕ト 3巻

「赤い日本」 櫻井よしこ 4巻

「辞書編集者が選ぶ美しい日本語101―文学作品から知る一〇〇年残したいことば」 神永曉 4巻

 

 

休館日のお知らせ

8.休館日のお知らせ

10月・11月の休館日は、次のとおりです。

10月 毎週水曜日 5日・12日・19日・26日、

10日(月、スポーツの日)

11月 毎週水曜日 2日・9日・16日・23日(勤

労感謝の日)・30日、3日(木、文化の日)

図書目録のお知らせ

2021年(令和3年)のセンター図書目録が完成しました。内容は昨年1年間にセンターで蔵書として受け入れた点字図書、デイジー図書が掲載されています。点字版400円、デイジー版・墨字版は200円です。

ご希望の方は大賀または黒木までご連絡ください。

休館日のお知らせ(2月・3月)

2月・3月の休館日は、次のとおりです。

 

2月 毎週水曜日 2日・9日・16日・23日(天皇誕生日)、11日(金、建国記念の日)
3月 毎週水曜日 2日・9日・16日・23日・30日、21日(月、春分の日)