宮崎県立視覚障害者センター 公益財団法人宮崎県視覚障害者福祉協会

文字の大きさ
標準
背景色

重要なお知らせ

【重要】施設利用制限の延長について(1/24更新)

宮崎県が、まん延防止等重点措置区域に指定されたことに伴い、施設の利用制限を下記のとおり延長いたします。

 

利用制限期間:令和4年1月24日(月)~2月13日(日)

※状況によって、期間が変更になる可能性があります。

 

利用者の皆様におかれましては、現在の感染状況に鑑み何卒ご協力をお願いいたします。

 

令和4年1月24日  宮崎県立視覚障害者センター

【重要】施設の利用制限について(1/18更新)

新型コロナウイルス感染の急拡大に伴い、宮崎市が感染急増圏域に指定されましたので、下記のとおり施設の利用制限を行います。

 

利用制限期間:令和4年1月20日(木)~2月2日(水)

※状況によって、期間が変更になる可能性があります。

 

利用者の皆様におかれましては、ご不便をおかけいたしますがご何卒協力をお願いいたします。

 

 

令和4年1月18日  宮崎県立視覚障害者センター

【重要】福祉機器展中止のお知らせ

1月23日(日曜)に開催を予定しておりました『見えない・見えにくい人のための福祉機器展』は、県内での新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大の状況を鑑み、中止とさせていただきます。

 

楽しみにしてくださった皆様には大変申し訳ございません。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

令和4年1月17日 宮崎県立視覚障害者センター

ご存知ですか?令和4年1月1日から「眼の障害」の障害認定基準が一部改正されます

以下は日本年金機構のホームページに掲載されている障害認定基準の改正に関する部分です。

日本年金機構のホームページより 更新日:2021年11月4日

令和4年1月1日から、障害年金の審査に用いる眼の障害の障害認定基準が一部改正されます。主な改正は以下のとおりです。

1.障害認定基準の改正
視力の障害認定基準

  • 「両眼の視力の和」から「良い方の眼の視力」による障害認定基準に変更します。

視野の障害認定基準

  • これまでのゴールドマン型視野計に基づく障害認定基準に加えて、現在広く普及している自動視野計に基づく障害認定基準を創設します。
  • 求心性視野狭窄や輪状暗点といった症状による限定をやめて、測定数値により障害等級を認定するよう変更します。
  • これまでの障害等級(2級・障害手当金)に加え、1級・3級の規定を追加します。

2.診断書様式
視力・視野の障害認定基準の改正に伴い、診断書様式を改正します。

3.実施時期
令和4年1月1日

詳しくは、以下のリーフレット「令和4年1月1日から「眼の障害」の認定基準を一部改正します」をご確認ください。

また、眼の障害で2級または3級の障害年金を受給されている方については、「眼の障害」の障害認定基準の改正により障害等級が上がり、障害年金額が増額となる可能性があります。
障害認定基準の改正に伴って、障害等級が上がり、障害年金額の増額を希望される場合は、令和4年1月以降に額改定請求のお手続きを行ってください。
詳しくは、以下のチラシ「「眼の障害」の認定基準の改正による額改定請求のご案内」をご確認ください。

 

令和4年1月1日から「眼の障害」の認定基準を一部改正します

リーフレットを見る

 

「眼の障害」の障害認定基準の改正による額改定請求のご案内

チラシを見る

関連情報

障害認定基準改正に関するもの(障害年金)

以上です。ご確認ください。

施設の利用制限解除について(11月4日更新)

宮崎県の警報レベルが引き下げられていることを受け、利用制限を解除いたします。

 

引き続き、手指消毒・マスク着用・換気などの感染対策にご協力をお願いいたします。